入会案内

入会するには

 丹新会では、無外流居合を稽古する仲間を募集しています。各稽古場所の中からお好きな稽古場所をお選びいただき、まずは見学へお越しください。
 強引な勧誘はいたしませんので、見学に来たら入会しなければならない、ということはありません。稽古場所をご覧になったうえで、入会されるかされないかをゆっくり、ご検討いただければと存じます。

 入会を検討されるうえでご不明な点やご心配な点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。「会員の声」や、「よくある質問」などもご参考になれば幸いです。

費用について

入会時の費用

 入会金:無料
 事務費用:1,500円

月会費

 一般:4,000円(家族割引の場合、2,000円)
 学生:3,000円(家族割引の場合、1,500円)
 小中学生:2,000円(家族割引の場合、1,000円)

その他諸費用

 昇級・昇段費用、講習会や各種イベント等で別途費用がかかる場合があります。
 会でスポーツ安全保険に加入しております。保険料は月会費に含まれますので、別途費用は必要ありません。

居合に必要な用具

 用具の購入については入会時にご案内しますが、入会後すぐに買い揃えなければならないわけではありません。初めのうちは木刀とトレーニングウェアだけでも稽古できますので、何回か稽古に参加してからご検討いただいてもかまいません。
 以下、主な用具をご紹介します。

居合刀(模造刀)

刀は体格によって長さが異なります。必ず購入前に稽古場所の責任者にご相談ください。

刀ケース

特に指定はありません。専用のケースは武道具店で購入できますが、釣竿入れやショートスキーのバッグなどを代用することもできます。

稽古着

性別や体格によって適したサイズが異なりますので、稽古場所の責任者にご相談ください。通常の(各稽古場所での)稽古では、トレーニングウェアや剣道着などでも参加できますが、講習会や昇段審査などの公式行事では指定の稽古着が必要です。足袋は紋付羽織袴の場合を除いて必須ではありません。もし足袋を購入するときは、武道具店でお求めください(着物用と武道用では裏地が違います)。

木刀

組太刀で使用するため、すぐ必要になるものではありませんが、習いたての方や体を痛めている方は、普段の稽古時に居合刀の代わりとして使うこともできます。組太刀では大・小ともに使用し、鞘も必要です。

ページトップへ戻る